NDの問題点

 

最近、ちょくちょくニューロードスター(ND)を見掛けるようになりました。

カラーはやっぱりレッドが一番多く、次にホワイト。というかそれ以外の

カラーはほとんど見たことがありません。

ドライバーは40代~50代のおじさん方、女性ドライバーは一度も見かけた

ことはありません。

 

NDは日本を代表するスポーツカーなので、私のようなカーキチのおっさん達

に人気があるのはもちろんですが、世の中のほとんどの人たちはカーキチで

はないはずです。今のところNDはカーキチ以外の人には全然支持されていない

ように思います。

 

その点、ユーノス(NA)は違っていたように思います。老若男女といったら

大げさかもしれませんが、幅広い層から支持されていたはずです。

カーキチでもない人たちが、気軽にオープンカーを楽しんでいたように思います。

しかし、NB、NC、NDと代を重ねるごとに、カーキチ以外の人からだんだん

支持されなくなって、NDはマニアック銘柄になってしまったように思います。

 

私は今、NAに乗っていますがNDも大好きです。多分、数年後中古で購入

することでしょう。自分の人生の未来予想図はさっぱり描けませんが、車

の未来予想図は描けてしまうのです。

 

数年後、買うであろうND。でも欲しいカラーがない!

前置きが長くなりましたが、そう!NDの最大の問題はカラーが少ない!

ちっちゃいスポーツカーこそ”カラーが命”だと思っています。

NDのほとんどは赤か白、もっと女性が乗りたくなるような鮮やかなカラー

があってもいいのではないでしょうか。イエロー、鮮やかなブルー、薄いブルー

グリーン、オレンジ、薄ピンクなど。さらに幌のカラーもベージュ、濃いブラウン、

紺色など組み合わせて選べるといいのですが、

確かNBは自分の好みに合わせて選べるシステムがあったはずです。

なぜNDは選べないのでしょうか。マツダは今後に向けて出し惜しみをしているのでは

と勘ぐりたくもなります。

 

数年後、私が欲しくなるようなカラーのNDが発売されることを願っています。

 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

メガネアベールの紹介

名古屋市緑区メガネアベール

名古屋市緑区のメガネ・アベールのスタッフのブログです。

お店の詳しい事は、上記↑のロゴか、メニューのホームページをクリックしてご覧ください

 

メガネ・アベールは、SSS級眼鏡認定士が在籍しており、眼に安心で快適なメガネを、高い技術力でご提供します。名古屋で数店舗しか取り扱っていないフレームがあり、おしゃれにメガネ着こなす『アイウェア』としての、メガネもございます。

高い技術力と、おしゃれなアイウェアをお求めの方はぜひご来店ください

メガネアベール外観

メガネアベールのブログ内検索

メガネ屋さんブログの最近のピクチャ

ブログの月別アーカイブ

  1. 2020年5月 [6]
  2. 2020年4月 [8]
  3. 2020年3月 [8]
  4. 2020年2月 [7]
  5. 2020年1月 [5]
  6. 2019年12月 [9]
  7. 2019年11月 [7]
  8. 2019年10月 [10]
  9. 2019年9月 [7]
  10. 2019年8月 [7]
  11. 2019年7月 [7]
  12. 2019年6月 [7]
  13. 2019年5月 [7]
  14. 2019年4月 [6]
  15. 2019年3月 [7]
  16. 2019年2月 [5]
  17. 2019年1月 [8]
  18. 2018年12月 [8]
  19. 2018年11月 [7]
  20. 2018年10月 [9]
  21. 2018年9月 [8]
  22. 2018年8月 [8]
  23. 2018年7月 [7]
  24. 2018年6月 [7]
  25. 2018年5月 [7]
  26. 2018年4月 [8]
  27. 2018年3月 [7]
  28. 2018年2月 [8]
  29. 2018年1月 [6]
  30. 2017年12月 [7]
  31. 2017年11月 [4]
  32. 2017年10月 [4]
  33. 2017年9月 [4]
  34. 2017年8月 [4]
  35. 2017年7月 [3]
  36. 2017年6月 [4]
  37. 2017年5月 [4]
  38. 2017年4月 [6]
  39. 2017年3月 [3]
  40. 2017年2月 [3]
  41. 2017年1月 [3]
  42. 2016年12月 [3]
  43. 2016年11月 [4]
  44. 2016年10月 [3]
  45. 2016年9月 [4]
  46. 2016年8月 [4]
  47. 2016年7月 [3]
  48. 2016年6月 [4]
  49. 2016年5月 [4]
  50. 2016年4月 [4]
  51. 2016年3月 [4]
  52. 2016年2月 [4]
  53. 2016年1月 [3]
  54. 2015年12月 [4]
  55. 2015年11月 [4]
  56. 2015年10月 [4]
  57. 2015年9月 [3]
  58. 2015年8月 [4]
  59. 2015年7月 [4]
  60. 2015年6月 [3]
  61. 2015年5月 [4]
  62. 2015年4月 [4]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2015年2月 [4]
  65. 2015年1月 [5]
  66. 2014年12月 [5]
  67. 2014年11月 [5]
  68. 2014年10月 [4]
  69. 2014年9月 [5]
  70. 2014年8月 [4]
  71. 2014年7月 [4]
  72. 2014年6月 [5]
  73. 2014年5月 [4]
  74. 2014年4月 [4]
  75. 2014年3月 [4]
  76. 2014年2月 [4]
  77. 2014年1月 [4]
  78. 2013年12月 [5]
  79. 2013年11月 [4]
  80. 2013年10月 [5]
  81. 2013年9月 [4]
  82. 2013年8月 [4]
  83. 2013年7月 [4]
  84. 2013年6月 [4]
  85. 2013年5月 [2]
  86. 2013年4月 [4]
  87. 2013年3月 [3]
  88. 2013年2月 [3]
  89. 2013年1月 [4]
  90. 2012年12月 [4]
  91. 2012年11月 [6]
  92. 2012年10月 [6]
  93. 2012年9月 [4]
  94. 2012年8月 [6]
  95. 2012年7月 [6]
  96. 2012年6月 [6]
  97. 2012年5月 [6]
  98. 2012年4月 [7]
  99. 2012年3月 [9]
  100. 2012年2月 [8]
  101. 2012年1月 [2]