29年前の苦い記憶

 

29年前の腕時計を見ながら、当時、高校一年の時の記憶がよみがえって

きました。

 

高1の時、硬式テニス部でした。部員は30数名いました。私は中学の時、

軟式テニス部だったので、入部間もない頃は上から4番目位の腕前で

レギュラーとして試合にも出させてもらいました。

高1の9月ごろまではレギュラーとして、勉強そっちのけで部活に励んでいました。

 

高1の10月ごろ、高校にテニスの業者さんが冬用のテニスウェアの販売に

やってきました。それはそれは、ド派手なエレッセの上下セットのウェアでした。

確か35000円位でした。みんな”カッコイイー”とはしゃぎながら我先にと、

目を輝かせながら手に取って選んでいました。ほとんどの部員はその場で

注文していました。

私はその光景を冷めた目でみていました。35000円は高すぎると

思って注文しませんでした。

 

後日、近所のディスカウントストアのチラシに”ウィルソン冬用テニスウェア

上下セット70パーセントOFF!で7800円"と載っていました。

これだ!と思い見に行くと、それは上下ネズミ色と紺のコンビの地味な雨がっぱ

のようなテニスウェアでした。

 

私がイメージしていたのは、当時ウィルソンといえば貴公子とよばれた

ステファン・エドバーグです。

これで俺もエドバーグだ!皆に一泡吹かせてやろう!なんて意気込んで

見に行ったら、がっかりでした。

どこがウィルソンだ?と手に取ってみたら胸の部分にWとちっちゃく刺繍が

ありました。当時高1の私でさえ、一体何年前の型落ちを70パーセントOFF!

なんて安くて当たり前だろ。と思いました。でも仕方なくそれを買いました。

 

11月になって、ほかの部員は颯爽とおろしたてのド派手なエレッセを着ていました。

私は、ネズミ色の地味な型落ちウィルソンで肩身が狭くなり、消極的になって

いました。そんな矢先に決定的な出来事が起こりました。

何と!用務員のおじさんが全く同じウィルソンを着て、校庭の掃除をしていたのです。

一人の部員がそれに気付き”用務員のおじさんが奥さん(私のあだ名)と同じの

着てる!”と大声で言ったのです。みんなに爆笑されました。今だったら

それを逆手にとってギャグにできると思いますが、当時はただ恥ずかしいだけで

した。

 

それ以来、徐々に部活をさぼるようになり、レギュラーから幽霊部員に一気に転落

していったのでした。

 

 

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

メガネアベールの紹介

名古屋市緑区メガネアベール

名古屋市緑区のメガネ・アベールのスタッフのブログです。

お店の詳しい事は、上記↑のロゴか、メニューのホームページをクリックしてご覧ください

 

メガネ・アベールは、SSS級眼鏡認定士が在籍しており、眼に安心で快適なメガネを、高い技術力でご提供します。名古屋で数店舗しか取り扱っていないフレームがあり、おしゃれにメガネ着こなす『アイウェア』としての、メガネもございます。

高い技術力と、おしゃれなアイウェアをお求めの方はぜひご来店ください

メガネアベール外観

メガネアベールのブログ内検索

メガネ屋さんブログの最近のピクチャ

ブログの月別アーカイブ

  1. 2022年12月 [1]
  2. 2022年11月 [5]
  3. 2022年10月 [5]
  4. 2022年9月 [5]
  5. 2022年8月 [6]
  6. 2022年7月 [5]
  7. 2022年6月 [5]
  8. 2022年5月 [6]
  9. 2022年4月 [6]
  10. 2022年3月 [5]
  11. 2022年2月 [6]
  12. 2022年1月 [6]
  13. 2021年12月 [6]
  14. 2021年11月 [6]
  15. 2021年10月 [6]
  16. 2021年9月 [5]
  17. 2021年8月 [5]
  18. 2021年7月 [6]
  19. 2021年6月 [6]
  20. 2021年5月 [5]
  21. 2021年4月 [6]
  22. 2021年3月 [6]
  23. 2021年2月 [4]
  24. 2021年1月 [6]
  25. 2020年12月 [8]
  26. 2020年11月 [7]
  27. 2020年10月 [6]
  28. 2020年9月 [8]
  29. 2020年8月 [8]
  30. 2020年7月 [6]
  31. 2020年6月 [5]
  32. 2020年5月 [6]
  33. 2020年4月 [8]
  34. 2020年3月 [8]
  35. 2020年2月 [7]
  36. 2020年1月 [5]
  37. 2019年12月 [9]
  38. 2019年11月 [7]
  39. 2019年10月 [10]
  40. 2019年9月 [7]
  41. 2019年8月 [7]
  42. 2019年7月 [7]
  43. 2019年6月 [7]
  44. 2019年5月 [7]
  45. 2019年4月 [6]
  46. 2019年3月 [7]
  47. 2019年2月 [5]
  48. 2019年1月 [8]
  49. 2018年12月 [8]
  50. 2018年11月 [7]
  51. 2018年10月 [9]
  52. 2018年9月 [8]
  53. 2018年8月 [8]
  54. 2018年7月 [7]
  55. 2018年6月 [7]
  56. 2018年5月 [7]
  57. 2018年4月 [8]
  58. 2018年3月 [7]
  59. 2018年2月 [8]
  60. 2018年1月 [6]
  61. 2017年12月 [7]
  62. 2017年11月 [4]
  63. 2017年10月 [4]
  64. 2017年9月 [4]
  65. 2017年8月 [4]
  66. 2017年7月 [3]
  67. 2017年6月 [4]
  68. 2017年5月 [4]
  69. 2017年4月 [6]
  70. 2017年3月 [3]
  71. 2017年2月 [3]
  72. 2017年1月 [3]
  73. 2016年12月 [3]
  74. 2016年11月 [4]
  75. 2016年10月 [3]
  76. 2016年9月 [4]
  77. 2016年8月 [4]
  78. 2016年7月 [3]
  79. 2016年6月 [4]
  80. 2016年5月 [4]
  81. 2016年4月 [4]
  82. 2016年3月 [4]
  83. 2016年2月 [4]
  84. 2016年1月 [3]
  85. 2015年12月 [4]
  86. 2015年11月 [4]
  87. 2015年10月 [4]
  88. 2015年9月 [3]
  89. 2015年8月 [4]
  90. 2015年7月 [4]
  91. 2015年6月 [3]
  92. 2015年5月 [4]
  93. 2015年4月 [4]
  94. 2015年3月 [3]
  95. 2015年2月 [4]
  96. 2015年1月 [5]
  97. 2014年12月 [5]
  98. 2014年11月 [5]
  99. 2014年10月 [4]
  100. 2014年9月 [5]
  101. 2014年8月 [4]
  102. 2014年7月 [4]
  103. 2014年6月 [5]
  104. 2014年5月 [4]
  105. 2014年4月 [4]
  106. 2014年3月 [4]
  107. 2014年2月 [4]
  108. 2014年1月 [4]
  109. 2013年12月 [5]
  110. 2013年11月 [4]
  111. 2013年10月 [5]
  112. 2013年9月 [4]
  113. 2013年8月 [4]
  114. 2013年7月 [4]
  115. 2013年6月 [4]
  116. 2013年5月 [2]
  117. 2013年4月 [4]
  118. 2013年3月 [3]
  119. 2013年2月 [3]
  120. 2013年1月 [4]
  121. 2012年12月 [4]
  122. 2012年11月 [6]
  123. 2012年10月 [6]
  124. 2012年9月 [4]
  125. 2012年8月 [6]
  126. 2012年7月 [6]
  127. 2012年6月 [6]
  128. 2012年5月 [6]
  129. 2012年4月 [7]
  130. 2012年3月 [9]
  131. 2012年2月 [8]
  132. 2012年1月 [2]