2014年7月の記事一覧

猛暑

 

本日の名古屋の最高気温は38℃。一歩外に出ると息苦しいほど暑いです。

ほとんど歩いている人は見掛けません。店は暇です。

暇にまかせてブログの更新を今のうちに。

 

 

 

今夜のトップニュースは猛暑でしょう。猛暑といえば熱中症に注意です。

個人的に熱中症にかかったことはありませんが、熱中症になりかけた

ことはあります。

 

小学生のころ、真夏の朝の全体集会の日。いつものように校長先生の

話が長くて、しばらくすると目の前が暗くなり、耳が遠くなり、ふらふらして

保健室へ運ばれました。

 

2回目はドライブの最中。車はMGという古いオープンカー。当然クーラー

は効きません。それどころか、熱対策が悪い車で、運転席の足元から熱風

がこみ上げてきました。車も僕もはオーバーヒート寸前、あわててサービス

エリアへ入りました。

 

3回目は2日前、寝る前にクーラーをタイマーでセットしたはずなのに。その日に

限って全然クーラーが効きません。暑くて汗びっしょり、全然眠れません

でした。朝起きると、頭が痛くて体がだるくて仕方ありません。

何と!犯人は1歳の息子でした。リモコンをがちゃがちゃと触っている

うちに冷房が暖房になっていたのです。

 

オールスター

 

今夜のオールスターゲームは久々に見てみたい!と思います。

なぜなら大谷投手がどんなピッチングをするか、何キロ出るか、興味が

あるからです。

 

オールスターといえば、自分が高校生の頃までは、ものすごく楽しみに

していた一大イベントでした。

中学1年生の時、ナゴヤ球場で開催された際には友人と朝早くから外野の

自由席の場所取りに並んでまで見に行ったものです。

ちょうどそのゲームで江川投手が8連続三振を達成しました。僕の記憶では

8人目までは自慢のストレートでグイグイ押していたのに、9人目の打者は

大石選手?だったでしょうか。当てるのが上手そうな選手にカーブを投げ

内野ゴロでした。

球場全体が9人連続三振を期待していたので、内野ゴロを打たれた時は

周りからタメ息が漏れていました。

中には”カーブを投げてわざと打たしたのだ。なんとも江川らしい”なんて

言う人もいましたし、9人連続は江夏投手が既に達成していたから、あえて

8人連続にした。なんて嘘か本当か分からないような噂話が出たりしました。

 

 

それ以外では、やっぱり桑田対清原のKK対決が思い出に残っています。

僕は桑田投手を応援していましたが、清原選手が見事なホームランを

打ちました。

 

しかし残念ながら、このKK対決を最後にオールスターのいい思い出

がありません。その後のオールスターといえば、せっかくファン投票で選ば

れたのに休養に充てたいからと出場辞退する選手がいたり、真剣勝負と

いうよりもお祭り的だったりと、オールスターなのに全然面白くないと見なく

なってしまいました。

 

しかし今夜は大谷投手を見てみたい!もう始まっているのかな?

帰ったらすぐにテレビを見ます。

 

ベビーカー

 

ベビーカーを買い換えました。今までは嫁の友人から頂いた

お下がりのA型と呼ばれる、対面にもできる大きなベビーカーを使って

いました。

最近、息子が一歳を過ぎ、対面にすることも、背もたれを極端に寝かせることも

なくなったので、小型で軽量なB型と呼ばれるものにしました。

 

それにしてもベビーカーといってもピンからキリまで、数千円から10万円

以上まで色々あります。

高い物ほど、乗り心地が良くて、通気性も良く、クッションが良く、座面が高く

小回りが効き、見た目もおしゃれです。

 

今回購入する際のポイントは軽量であること。でした。今の住まいが

エレベーターがないマンションなので、息子とベビーカーと荷物を同時

に持って、階段を上がるのは大変なのです。

 

購入したベビーカーは約3kgと今までの物の半分以下。小回りも効き

スイスイ気持ちよく走れます。階段も楽になりました。

 

しかし一つだけ難点があります。それはベビーカーのハンドルに荷物を

引っかけますが、重い荷物を引っかけたまま、子供を下すと必ずベビーカー

が後ろへひっくり返ります。

 

 

サッカーに疎い自分が、サッカーのことを書くのは気が引けますが

ブログがネタ切れなので・・・・

 

サッカーの日本代表が国際大会の際、必ず目にするキャッチコピー

”絶対に負けられない試合がそこにある”。

このキャッチコピーはワールドカップの地区予選ではふさわしいと思いま

すが、本戦ではちょっとズレているように感じてしまいます。

世界ランク46位の日本はどの国に対しても挑戦者の立場のはずなので

”相手の胸を借りるつもりで・・・”と選手が発言してもおかしくないはずですが、

プロの選手はそんなこと口にしないのかもしれません。

 

次回からのキャッチコピーは、選手たちに伸び伸びプレーしてもらいたいという

願いを込めて”絶対に負けられない。なんて言わないよ!”なんてどうでしょう。

でもこれでは選手のプライドを傷つけてしまいますね。

 

絶対に負けられないのは、間違いなくそれは”ブラジル”でしょう。

日本ではあくまで試合を盛り上げるためのキャッチコピーにすぎないかも

しれませんが、ブラジルでは、そんなこと言われなくても当たり前、予選で

敗退しようものならただじゃすまないぞ!という風土なのでしょう。

選手のプレッシャーはどれほどのものでしょうか。

 

ブラジルVSコロンビアが気になります。

 

 

 

 

 

このページの上部へ

メガネアベールの紹介

名古屋市緑区メガネアベール

名古屋市緑区のメガネ・アベールのスタッフのブログです。

お店の詳しい事は、上記↑のロゴか、メニューのホームページをクリックしてご覧ください

 

メガネ・アベールは、SSS級眼鏡認定士が在籍しており、眼に安心で快適なメガネを、高い技術力でご提供します。名古屋で数店舗しか取り扱っていないフレームがあり、おしゃれにメガネ着こなす『アイウェア』としての、メガネもございます。

高い技術力と、おしゃれなアイウェアをお求めの方はぜひご来店ください

メガネアベール外観

メガネアベールのブログ内検索

メガネ屋さんブログの最近のピクチャ

ブログの月別アーカイブ

  1. 2019年12月 [3]
  2. 2019年11月 [7]
  3. 2019年10月 [10]
  4. 2019年9月 [7]
  5. 2019年8月 [7]
  6. 2019年7月 [7]
  7. 2019年6月 [7]
  8. 2019年5月 [7]
  9. 2019年4月 [6]
  10. 2019年3月 [7]
  11. 2019年2月 [5]
  12. 2019年1月 [8]
  13. 2018年12月 [8]
  14. 2018年11月 [7]
  15. 2018年10月 [9]
  16. 2018年9月 [8]
  17. 2018年8月 [8]
  18. 2018年7月 [7]
  19. 2018年6月 [7]
  20. 2018年5月 [7]
  21. 2018年4月 [8]
  22. 2018年3月 [7]
  23. 2018年2月 [8]
  24. 2018年1月 [6]
  25. 2017年12月 [7]
  26. 2017年11月 [4]
  27. 2017年10月 [4]
  28. 2017年9月 [4]
  29. 2017年8月 [4]
  30. 2017年7月 [3]
  31. 2017年6月 [4]
  32. 2017年5月 [4]
  33. 2017年4月 [6]
  34. 2017年3月 [3]
  35. 2017年2月 [3]
  36. 2017年1月 [3]
  37. 2016年12月 [3]
  38. 2016年11月 [4]
  39. 2016年10月 [3]
  40. 2016年9月 [4]
  41. 2016年8月 [4]
  42. 2016年7月 [3]
  43. 2016年6月 [4]
  44. 2016年5月 [4]
  45. 2016年4月 [4]
  46. 2016年3月 [4]
  47. 2016年2月 [4]
  48. 2016年1月 [3]
  49. 2015年12月 [4]
  50. 2015年11月 [4]
  51. 2015年10月 [4]
  52. 2015年9月 [3]
  53. 2015年8月 [4]
  54. 2015年7月 [4]
  55. 2015年6月 [3]
  56. 2015年5月 [4]
  57. 2015年4月 [4]
  58. 2015年3月 [3]
  59. 2015年2月 [4]
  60. 2015年1月 [5]
  61. 2014年12月 [5]
  62. 2014年11月 [5]
  63. 2014年10月 [4]
  64. 2014年9月 [5]
  65. 2014年8月 [4]
  66. 2014年7月 [4]
  67. 2014年6月 [5]
  68. 2014年5月 [4]
  69. 2014年4月 [4]
  70. 2014年3月 [4]
  71. 2014年2月 [4]
  72. 2014年1月 [4]
  73. 2013年12月 [5]
  74. 2013年11月 [4]
  75. 2013年10月 [5]
  76. 2013年9月 [4]
  77. 2013年8月 [4]
  78. 2013年7月 [4]
  79. 2013年6月 [4]
  80. 2013年5月 [2]
  81. 2013年4月 [4]
  82. 2013年3月 [3]
  83. 2013年2月 [3]
  84. 2013年1月 [4]
  85. 2012年12月 [4]
  86. 2012年11月 [6]
  87. 2012年10月 [6]
  88. 2012年9月 [4]
  89. 2012年8月 [6]
  90. 2012年7月 [6]
  91. 2012年6月 [6]
  92. 2012年5月 [6]
  93. 2012年4月 [7]
  94. 2012年3月 [9]
  95. 2012年2月 [8]
  96. 2012年1月 [2]