2022年1月の記事一覧

1月ももう終わりです。

1月31日=愛妻家の日

そして、2月3日=節分の日がやって来ます!

今年の恵方は(北北西)甚目寺観音になります。

昔から甚目寺観音も鳩がやたら多いイメージでした!

最近は、多分鳩避けしてあると思いますが・・・

訪れる方は、十分に鳩の糞に気を付けてお出かけ下さい

また、オミクロン感染増加の最中ではありますが、

2月13日(日)国府宮裸祭りが行われるそうです。

これらの行事が終わると春になります (*^^)v

「鬼は外~!」「オミクロンも外~」


前々回、イタリア製をご案内いたしましたが

「僕も私も紹介してよ!」っと

お店の中で叫んでいる仲間たち(フレーム)がいたので

紹介する事にしました (^^ゞ

先ずはご覧ください!

イタリアそれともフランス製?

色も鮮やかですしブランドっぽいです。

全て日本製(福井産)のオリジナルばかりです !

ヨーロッパに負けないくらいのカラフルさ &

軽くて掛け心地の良いフレーム達です (^.^)/~~~

興味ある人、出会いを探しに来てやってくださいませ!

メガネアベール店内でじっとあなた様を待ってますので・・・?

以上

ほんのちょっと お役立て情報でした  <(_ _)>


1月20日 大寒

寒中お見舞い申し上げます

明日は1月20日、アベールは定休日となりますので

よろしくお願いします <(_ _)>

また、大寒でお正月行事をすべて終える日です。

今夜から明日にかけて名古屋も雪が降る見込みです!

とにかく寒いので皆様 体には気をつけて下さい!

1月20日は、血栓予防の日でもあります

この時期、寒さのせいで脳梗塞など起こりやすいので

予防のため制定されたらしいです(^.^)/~~~

血圧の高い自分としては非常に参考になりました。

何事も無理をせず、寒い時は部屋中暖を取って

過ごしましょう!

日本人は、炬燵でみかんが一番似合うのかもしれません('_')

 

またまた、名古屋にも雪が積もりましたね?!

しかし、一日で融けてなくなりました~。

気温は相変わらず低いので気を付けましょう!

昨年末に引き続きオシャレフレームがアベールにやって来ました!

少しだけ紹介させてくださいませ ( ^^) _~~

先ずは鯖江オリジナルブランド「クロニック」☟ 

単なる流行のブロー系だけではなく、レトロな感覚と流線形デザインのナイロールで

しっかりした造りになっています。

もちろん、バネ性テンプルにて掛け心地も良いです!

次に、☟ ☟

シャルマン、ラインアート

対象はビジネスマンからシニア世代まで年齢層も幅広く、限りなく軽量化の逸品です。

 

派手好きな女性(男性でも可)には イタリアフレーム「ラマッタ」☟☟☟

オミクロンでなかなか海外にも行けませんが、世界を股にかける人には、

欠かせないお薦めアイテムだと思います。

鼻が低めの日本人でも安心できるクリングスパッドに改良してありますので・・・

以上、アベールよりメガネ情報でした。

お知らせです!

1月10日(月)成人の日、アベールは定休日となりますので

よろしくお願いします。

オミクロン感染拡大中ではありますげど

当店のメガネフレームの新製品も負けずに拡大しています

皆さんも寒さに負けないように頑張りましょう!

<(_ _)>


新春ご挨拶

2022年、あけましておめでとうございます 

本年もどうぞよろしくお願いします <(_ _)>

寒波のお正月が過ぎオミクロン感染者拡大しています

オミクロン防止に効果のある七草粥でも無いでしょうかね?!

前回、乳酸菌とかがコロナ防止に効く情報もありましたので

マミーは毎日飲んでいます

しかし、風邪気味の時は、心配になります

あれこれ試していますが、やはりイソジンでうがい

これが一番の様な気がします

それと、お酒でのどの消毒も欠かせません ??

飲みすぎは注意しましょう!



このページの上部へ

メガネアベールの紹介

名古屋市緑区メガネアベール

名古屋市緑区のメガネ・アベールのスタッフのブログです。

お店の詳しい事は、上記↑のロゴか、メニューのホームページをクリックしてご覧ください

 

メガネ・アベールは、SSS級眼鏡認定士が在籍しており、眼に安心で快適なメガネを、高い技術力でご提供します。名古屋で数店舗しか取り扱っていないフレームがあり、おしゃれにメガネ着こなす『アイウェア』としての、メガネもございます。

高い技術力と、おしゃれなアイウェアをお求めの方はぜひご来店ください

メガネアベール外観

メガネアベールのブログ内検索

メガネ屋さんブログの最近のピクチャ

ブログの月別アーカイブ

  1. 2024年5月 [4]
  2. 2024年4月 [4]
  3. 2024年3月 [5]
  4. 2024年2月 [5]
  5. 2024年1月 [4]
  6. 2023年12月 [4]
  7. 2023年11月 [3]
  8. 2023年10月 [5]
  9. 2023年9月 [4]
  10. 2023年8月 [3]
  11. 2023年7月 [3]
  12. 2023年6月 [4]
  13. 2023年5月 [6]
  14. 2023年4月 [5]
  15. 2023年3月 [5]
  16. 2023年2月 [5]
  17. 2023年1月 [4]
  18. 2022年12月 [3]
  19. 2022年11月 [5]
  20. 2022年10月 [5]
  21. 2022年9月 [5]
  22. 2022年8月 [6]
  23. 2022年7月 [5]
  24. 2022年6月 [5]
  25. 2022年5月 [6]
  26. 2022年4月 [6]
  27. 2022年3月 [5]
  28. 2022年2月 [6]
  29. 2022年1月 [6]
  30. 2021年12月 [6]
  31. 2021年11月 [6]
  32. 2021年10月 [6]
  33. 2021年9月 [5]
  34. 2021年8月 [5]
  35. 2021年7月 [6]
  36. 2021年6月 [6]
  37. 2021年5月 [5]
  38. 2021年4月 [6]
  39. 2021年3月 [6]
  40. 2021年2月 [4]
  41. 2021年1月 [6]
  42. 2020年12月 [8]
  43. 2020年11月 [7]
  44. 2020年10月 [6]
  45. 2020年9月 [8]
  46. 2020年8月 [8]
  47. 2020年7月 [6]
  48. 2020年6月 [5]
  49. 2020年5月 [6]
  50. 2020年4月 [8]
  51. 2020年3月 [8]
  52. 2020年2月 [7]
  53. 2020年1月 [5]
  54. 2019年12月 [9]
  55. 2019年11月 [7]
  56. 2019年10月 [10]
  57. 2019年9月 [7]
  58. 2019年8月 [7]
  59. 2019年7月 [7]
  60. 2019年6月 [7]
  61. 2019年5月 [7]
  62. 2019年4月 [6]
  63. 2019年3月 [7]
  64. 2019年2月 [5]
  65. 2019年1月 [8]
  66. 2018年12月 [8]
  67. 2018年11月 [7]
  68. 2018年10月 [9]
  69. 2018年9月 [8]
  70. 2018年8月 [8]
  71. 2018年7月 [7]
  72. 2018年6月 [7]
  73. 2018年5月 [7]
  74. 2018年4月 [8]
  75. 2018年3月 [7]
  76. 2018年2月 [8]
  77. 2018年1月 [6]
  78. 2017年12月 [7]
  79. 2017年11月 [4]
  80. 2017年10月 [4]
  81. 2017年9月 [4]
  82. 2017年8月 [4]
  83. 2017年7月 [3]
  84. 2017年6月 [4]
  85. 2017年5月 [4]
  86. 2017年4月 [6]
  87. 2017年3月 [3]
  88. 2017年2月 [3]
  89. 2017年1月 [3]
  90. 2016年12月 [3]
  91. 2016年11月 [4]
  92. 2016年10月 [3]
  93. 2016年9月 [4]
  94. 2016年8月 [4]
  95. 2016年7月 [3]
  96. 2016年6月 [4]
  97. 2016年5月 [4]
  98. 2016年4月 [4]
  99. 2016年3月 [4]
  100. 2016年2月 [4]
  101. 2016年1月 [3]
  102. 2015年12月 [4]
  103. 2015年11月 [4]
  104. 2015年10月 [4]
  105. 2015年9月 [3]
  106. 2015年8月 [4]
  107. 2015年7月 [4]
  108. 2015年6月 [3]
  109. 2015年5月 [4]
  110. 2015年4月 [4]
  111. 2015年3月 [3]
  112. 2015年2月 [4]
  113. 2015年1月 [5]
  114. 2014年12月 [5]
  115. 2014年11月 [5]
  116. 2014年10月 [4]
  117. 2014年9月 [5]
  118. 2014年8月 [4]
  119. 2014年7月 [4]
  120. 2014年6月 [5]
  121. 2014年5月 [4]
  122. 2014年4月 [4]
  123. 2014年3月 [4]
  124. 2014年2月 [4]
  125. 2014年1月 [4]
  126. 2013年12月 [5]
  127. 2013年11月 [4]
  128. 2013年10月 [5]
  129. 2013年9月 [4]
  130. 2013年8月 [4]
  131. 2013年7月 [4]
  132. 2013年6月 [4]
  133. 2013年5月 [2]
  134. 2013年4月 [4]
  135. 2013年3月 [3]
  136. 2013年2月 [3]
  137. 2013年1月 [4]
  138. 2012年12月 [4]
  139. 2012年11月 [6]
  140. 2012年10月 [6]
  141. 2012年9月 [4]
  142. 2012年8月 [6]
  143. 2012年7月 [6]
  144. 2012年6月 [6]
  145. 2012年5月 [6]
  146. 2012年4月 [7]
  147. 2012年3月 [9]
  148. 2012年2月 [8]
  149. 2012年1月 [2]