2017年5月の記事一覧

びわの季節

長生き愛犬ラブラドールの健康状態と環境

我が家のラブラドール2匹は、かれこれ15年になります。

流石に1m以上の障害物は容易に飛び越えたりしなくなりました

心配な事は脂肪腫が2匹ともあちこちにできており、本当に大丈夫かなと思います。

オスメス兄弟2匹で暮らし励ましあっているのかな?

 

毎日最低50m位軽く走ったり、2階まで主人を呼びに登ったり下りたりしているせいでしょうか? 極めて元気です

それと、庭にビワ(もぎびわ)の木からこぼれ落ちる実や枝木を拾い食いして万病予防しているのかな?

 

そこで自分もびわ種酒でも作ってみようと思います

びわの葉療法の威力は良く聴いたりしますが、調べてみると葉っぱより種の方がさらに効果有るとの事です。

彼ら(愛犬達)は、誠に美味しそうにカシューナッツ如き カシュッ、カシュッと食べています。

 

今年もびわの実が豊作なので、たくさん食べて種をかき集めるゾッ!

 

 補足

びわの葉には、ブドウ糖、蔗糖、果糖などいろいろな成分が含まれていますが、その中のアミグダリンという物質が薬効成分なのです。そしてこのアミグダリンが、ビタミンB17になるのです。

ガンに画期的な効果があるとして、今、国際的に脚光を浴びているこのビタミンB17こそ、びわの葉の驚くべき効果の主役でもあるのです。

 このビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やガン細胞も治してしまうほどの力を発揮します。

びわの種には、ミネラル・ビタミン群と「アミグダリン」という物質が葉の1000倍以上の量が含まれています。

オープンカーの季節

最近のひそかな楽しみといえば、ユーノスロードスターをオープンにして

走ることです。今はオープンカーが最も気持ちのいい季節です。

 

”走る”といっても遠方にドライブに行くわけでもなく、近所のお買いものに

ちょろっと乗る程度です。それだけでも気分転換になるのが、ユーノスの

いいところでもあります。

 

オープンにすると、それなりに目立ってしまい服装なども気を配らなければ

と思いつつも、お洒落にズボラな私は部屋着のような恰好で乗っています。

でも、20年前のユーノスだからいいじゃないか。と思っています。

もし、ユーノスでなく、NDロードスターだったら、もう少し気を配ることでしょう。

 

街中でも楽しく気軽に乗れて、滅多に同じ車に遭遇しない、古くなっても

可愛くてカッコイイ車。ユーノスロードスターはそんな車だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

マサキマツシマ

リピーターが多い人気ブランドの紹介

繊細かつ大胆で個性溢れるデザインと機能が一体化したアイウェア

マサキマツシマは、大き目のサイズ設定 顔幅の広めの人にお薦めです。

今回二つのデザインとカラー(MF1165・color3,58 MF1180・color

3,58)は、ゆったりサイズをお探しの女性にも喜ばれるアイテムです。

DSC05097.JPG

 

レンズについて

当店での売り場は、フレーム&レンズのセットコーナー ・ フレーム単体のコーナー と分けてあります。

レンズの種類と価格について・・・ 心配なとこですよねぇ?

メガネセット(フレーム+一定のレンズ)、  フレーム+レンズ、 又それ以上のオプション のいずれの場合でも

レンズについて = フレーム単体と同様 税込表示、 2枚一組でこの値段、と、分かり易く説明しております。 非常に好評です!

初めてのお客様も安心してご来店下さいませ。 m(__)m

 

このページの上部へ

メガネアベールの紹介

名古屋市緑区メガネアベール

名古屋市緑区のメガネ・アベールのスタッフのブログです。

お店の詳しい事は、上記↑のロゴか、メニューのホームページをクリックしてご覧ください

 

メガネ・アベールは、SSS級眼鏡認定士が在籍しており、眼に安心で快適なメガネを、高い技術力でご提供します。名古屋で数店舗しか取り扱っていないフレームがあり、おしゃれにメガネ着こなす『アイウェア』としての、メガネもございます。

高い技術力と、おしゃれなアイウェアをお求めの方はぜひご来店ください

メガネアベール外観

メガネアベールのブログ内検索

メガネ屋さんブログの最近のピクチャ

ブログの月別アーカイブ

  1. 2019年9月 [5]
  2. 2019年8月 [7]
  3. 2019年7月 [7]
  4. 2019年6月 [7]
  5. 2019年5月 [7]
  6. 2019年4月 [6]
  7. 2019年3月 [7]
  8. 2019年2月 [5]
  9. 2019年1月 [8]
  10. 2018年12月 [8]
  11. 2018年11月 [7]
  12. 2018年10月 [9]
  13. 2018年9月 [8]
  14. 2018年8月 [8]
  15. 2018年7月 [7]
  16. 2018年6月 [7]
  17. 2018年5月 [7]
  18. 2018年4月 [8]
  19. 2018年3月 [7]
  20. 2018年2月 [8]
  21. 2018年1月 [6]
  22. 2017年12月 [7]
  23. 2017年11月 [4]
  24. 2017年10月 [4]
  25. 2017年9月 [4]
  26. 2017年8月 [4]
  27. 2017年7月 [3]
  28. 2017年6月 [4]
  29. 2017年5月 [4]
  30. 2017年4月 [6]
  31. 2017年3月 [3]
  32. 2017年2月 [3]
  33. 2017年1月 [3]
  34. 2016年12月 [3]
  35. 2016年11月 [4]
  36. 2016年10月 [3]
  37. 2016年9月 [4]
  38. 2016年8月 [4]
  39. 2016年7月 [3]
  40. 2016年6月 [4]
  41. 2016年5月 [4]
  42. 2016年4月 [4]
  43. 2016年3月 [4]
  44. 2016年2月 [4]
  45. 2016年1月 [3]
  46. 2015年12月 [4]
  47. 2015年11月 [4]
  48. 2015年10月 [4]
  49. 2015年9月 [3]
  50. 2015年8月 [4]
  51. 2015年7月 [4]
  52. 2015年6月 [3]
  53. 2015年5月 [4]
  54. 2015年4月 [4]
  55. 2015年3月 [3]
  56. 2015年2月 [4]
  57. 2015年1月 [5]
  58. 2014年12月 [5]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [4]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年8月 [4]
  63. 2014年7月 [4]
  64. 2014年6月 [5]
  65. 2014年5月 [4]
  66. 2014年4月 [4]
  67. 2014年3月 [4]
  68. 2014年2月 [4]
  69. 2014年1月 [4]
  70. 2013年12月 [5]
  71. 2013年11月 [4]
  72. 2013年10月 [5]
  73. 2013年9月 [4]
  74. 2013年8月 [4]
  75. 2013年7月 [4]
  76. 2013年6月 [4]
  77. 2013年5月 [2]
  78. 2013年4月 [4]
  79. 2013年3月 [3]
  80. 2013年2月 [3]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [6]
  84. 2012年10月 [6]
  85. 2012年9月 [4]
  86. 2012年8月 [6]
  87. 2012年7月 [6]
  88. 2012年6月 [6]
  89. 2012年5月 [6]
  90. 2012年4月 [7]
  91. 2012年3月 [9]
  92. 2012年2月 [8]
  93. 2012年1月 [2]